健康食品などを利用して早めに疲労回復をしよう

女性

簡単に回復を

肩を擦る男性

回復の術

人の疲れの原因は様々です。ストレス、運動または仕事のし過ぎなど、いくつか思い当たることはあると思いますが、そういう時にいい疲労回復の方法をお伝えしようと思います。パソコンの前で長時間仕事をする方への疲労回復法としてうってつけの方法がプチ運動です。同じ姿勢で座り続けるため、肩や腰が凝る方が多いと思います。さらにディスプレイの光で眼が疲れてしまうでしょう。そういう時は定期的に立ち上がってストレッチや伸びをすることが大切です。時間に余裕のある時だったら、少し散歩に出かけるだけでかなりの効果が望めます。さらにディスプレイの光に長時間さらされた目は「1分仮眠」をするだけでもお勧めします。この「1分仮眠」は最近人気で、その名の通り椅子に寄りかかって1分目を閉じてじっとしているだけです。私達の情報は半分以上目から入ってきて脳に伝わります。目を少し閉じるだけでも十分な回復につながるのです。次に、普段から知っておくと便利な疲労回復方法をご紹介します。

回復マメ知識

皆さんは、なんでお酢が疲れを取るのに役立つか知っているでしょうか。お酢にはクエン酸と呼ばれる酸が入っていて、疲労の元になる乳酸を分解してくれるからなんです。私も疲れた時や元気がほしい時はよくお酢に砂糖を混ぜて飲んでいます。クエン酸は、梅干しやレモン、オレンジや大根などにも含まれていますので、おやつ代わりに食べてついでに疲労解消もしてしまいましょう。疲労にも色々ありますが、私は不健康もその原因の一つだと思います。お風呂に長く浸かるのも昔からの疲労回復の方法です。お風呂のお湯は自分の体温よりも少し高いため長湯で痩せるという話はよく聞くと思います。ですが日本のお風呂は元々ゆっくりと浸かって、その日1日の疲れを癒すもの。お湯の暖かさが基礎代謝をあげ、筋肉のコリをとってくれるのです。もしかしたら、このお風呂方法が1番疲労を癒してくれるのかもしれません。

Copyright© 2016 健康食品などを利用して早めに疲労回復をしよう All Rights Reserved.